スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめに

ルソーは、感覚を有する存在は自然権(生まれながらに持つ普遍的権利)を有しており、動物は無益に虐待されない権利を持っていると述べています。

ショーペンハウアーは、理性的能力の有無に関わらず、人も動物も同じ本質を有していると述べています。

ガンジーは、
「国家の偉大さや道徳的な進化の度合いはその国が動物をどのように扱っているかで判断できる」
「私の心の内では子羊の命の貴重さは人間の命の貴重さにいささかも劣るものではない」
と述べています。

でも…。動物は殺されます。自然界の食物連鎖からは大きく離れた目的のために、毎日毎日たくさんの動物の命が人間の犠牲になっていきます。動物は殺して当たり前。そういう考え方が、警戒区域に取り残された動物たちの問題にもつながっています。

この国がもっと命を大切にする国であれば。人も動物もあらゆる命が尊ばれる社会であれば、60万を超える命が飢えと渇きに苦しめられながら死ぬことはなかった。私たちは皆、警戒区域の動物救出を訴え続けながら、そう思い続けてきたのではないでしょうか。

私たちは、警戒区域で助けを待ちながら天に召されていった動物たちのためにも、動物の命が人の命と同じに尊ばれる、命あるものの生きる権利が認められる、それが当たり前の社会を作っていかなければなりません。みんな、その思いは同じですよね。

どうかそういう思いを「動物たちへの手紙」として書き綴って、ここから発信してください。募集要項とエントリーフォームは、下のボタンを押すと出てきます。この「手紙」は〆切を設けず、ずっと募集していきたいと思います。みんなの思いを集め、共有して、社会を、世界を、時代を変えていきましょう。


「動物たちへの手紙」エントリーフォームへ


この文章は
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ライセンスの下に
提供されています

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

Menu
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
警戒区域の動物救出のための一斉要請アクション・第二弾
被災ペットのための情報サイト #pet_SOS
ペットと共に被災されたみなさまへ 被災ペットのための、医・食・住・支援情報チラシ
被災ペット愛護団体応援プロジェクト ペットを愛するすべてのみなさまへ 今、私たちにできること
被災ペットのための情報チラシ 1万枚配布プロジェクト
福島原発20キロ圏内の被災家畜を助ける会 家畜おたすけ隊
Web絵本:け と かわ
Twitter
▼被災動物関連タグ▼
Twitter #311pet
Twitter #311animal
Twitter #pet_sos
Twitter #hisaipets
脱原発意思表示
Webステッカー
ご自由にお持ち帰り下さい
複製再配布自由です


詳しいことは こちら をご覧ください。
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。